SharePoint 2010

    2016はこちら

    SharePoint MUSコースはこちら

 

SharePoint  2010 ユーザー向け基礎

SharePoint  2010の概要を理解し、ユーザーとして必要なSharePointサイトのページ、リスト、ライブラリ、
検索について学びます。

対象  Internet Explorer および、Word、Excelの基本的な操作ができる方
時間  10:00〜17:00×1日
料金  30,000円 (テキスト代込、税別)
 【会員価格】28,350円(テキスト代込、税別)
カリキュラム  1.SharePoint Server2010の基礎
 2.SharePointサイトで共有できる情報の種類の整理
 3.画面の基本操作
 4.ページの作成
 5.ファイルの共有
 6.リストの利用
 7.リストとライブラリの共有機能の活用
 8.ソーシャルネットワーク機能
 9.SharePoint Server2010の活用

 

SharePoint  2010 ユーザー向けカスタマイズ

サイトの管理者としての基本的な管理方法、初期設定や通常管理で行うタスクについて学びます。

対象  SharePoint 2010ユーザー向け基礎コースをご受講された方
 または同等のスキルのある方。
時間  10:00〜17:00×1日
料金  35,000円 (テキスト代込、税別)
 【会員価格】33,075円(テキスト代込、税別)
カリキュラム   1. カスタマイズの基礎知識
          サイトコレクション
          サイトコレクションの役割/作成
          サイトの構造/作成
          リストの作成
          ページの種類とページの作成
          発行機能の有効化/発行ページの作成と編集
  2. 標準機能のカスタマイズ
          サイトの設定
          サイトの基本設定/外観
          ナビゲーションの編集
          検証の設定
          他のリストの値を選択肢として利用
          ビュー編集と作成
          テンプレート
          インデックスの作成/アンケートの作成
  3. Webグループウェア
          Webグループウェアサイトの作成
          予定表と設備
          回覧板/新着情報
  4. コンテンツ管理
          ファイル管理/コンテンツタイプ/ドキュメントセット
          用語セット/コンテンツオーガナイザー/情報ポリシー
  5. Webパーツ
          Webパーツの利用/コンテンツクエリWebパーツ
  6. ワークフロー
          標準のワークフロー/承認廃棄ワークフロー/段階のワークフロー
 

 

SharePoint 2010 ユーザー向け基礎とユーザー向けカスタマイズ
セットでのお申し込み

  SharePoint  2010 ユーザー向け基礎コース(1日)
  SharePoint  2010 ユーザー向けカスタマイズコース(1日)
    65,100円(税込、テキスト代込み)

SharePoint Designer 2010 コース

Share Point Designer2010を使って、SharePointサイトの複雑なカスタマイズを学びます。

対象  SharePoint Server2010ユーザー向けカスタマイズコースをご受講された方
 または同等のスキルのある方。
時間  10:00〜17:00×1日
料金  37,000円 (テキスト代込、税別)
 【会員価格】34,965円(テキスト代込、税別)
カリキュラム  1.SharePoint Designer 2010 の概要
  ・SharePoint Server2010の概要
  ・標準で可能なカスタマイズ
  ・SharePointサイトを変更するツール
  ・SharePoint Designer 2010の概要
  2.必須知識の確認
  ・サイトの構造
  ・サイトコレクション
  ・サイトテンプレート(トップリンクバー、サイドリンクバー)
  ・ライブラリ、リスト
  ・基本ページ、Webパーツページ、発行ページ
  ・発行機能の設定
  ・カスタマイズに必要な権限
 3.SharePoint Designer 2010 基本操作
  ・コンテンツの作成方法
  ・ASPXファイルについて
  ・HTMLページの作成
  ・ページの基礎的な編集
  ・SharePointサイトを編集する
  4.サイトの編集
  ・Webパーツ領域の調整
  ・リンクバーの非表示
  ・発行サイトの編集/動作確認
  ・リスト関連ページの編集
  ・Webパーツの利用
  ・JavaScriptの利用
  5.マスターの変更
  ・ページレイアウトの利用
  ・マスターページの利用/適用
  6.データビュー
  ・データビューの挿入
  ・データの選択
  ・入力フォームの作成
  7.ワークフローの編集
  ・通知の自動化用
  ・その他の活用