HOME定期研修マイクロソフト製品PowerPoint&プレゼンテーション

PowerPoint&プレゼンテーショントレーニング

PowerPointを使ってプレゼン資料を作成する際のテクニックや、その資料を使ってプレゼンテーションを実施する際に覚えておくと便利なさまざまな機能を紹介すると共に、プレゼンテーションを実施する際の基本的な知識を学び、最後に全員にプレゼンテーションを実施していただくことで、総合的なプレゼンテーション能力を高めていただくためのコースです。
社内または社外でのプレゼンテーションの機会が多い業種の新入社員研修はもちろん、「今更PowerPointの使い方など人に聞けないが、どうも十分に機能を生かせていない」また「プレゼンテーションが苦手な社員の方」のスキルアップとしてお奨めします。

日数

  1日(講習時間6時間)

使用アプリケーション

  Microsoft PowerPoint 2010 、Excel 2010

受講の前提条件

  Windowsの基本操作、PowerPointの基本操作が行える方、WordやExcelの基本的な操作は行える方。

カリキュラム

1.受講生の自己紹介 30分

 各自全員が3分以内で自己紹介(担当業務、どのようなプレゼンの機会があるか、話し方で気にしていることなど)
 自己チェックシート記入(講師に提出)

2.一般的なデモンストレーションの知識 60分

 プレゼンテーションとは
 プレゼンテーションの事前準備(事前準備の概要、プレゼン資料作成、リハーサル、発問)
 プレゼンテーションの実施(声を鍛える、話し方、態度、ツールの利用、実施の際のポイント)
 プレゼンテーションの終了(質疑応答、セットダウン、評価と報告)

3.PowerPointでのプレゼン資料作成 60分

 内容の確認
 PPTのマスタ作成(フォントや背景の統一、配色の工夫)
 スライドの作成(Wordでのアウトライン入力、PPTのアウトライン、改行コード、効果の設定、
 アニメーションの設定)
 配布資料の作成(ヘッダー・フッター、印刷イメージ、印刷の体裁と形式)
 完成ファイル(ショートカット作成、バックアップ)

3.プレゼンテーション本番 30分

 パソコンの準備(背景、解像度、ショートカット、スクリーンセーバー、プロジェクタとの接続、ネットワーク接続)
 その他の準備(マウス、ケーブル、変換コネクタ、配布資料、アンケート、その他)
 リハーサル(リハーサルの必要性、スライドショーの起動、便利なショートカットキー)
 終了後のセットダウン

4.プレゼンテーション資料作成実習 60分

 以下のようなプレゼン資料を作成(対象者、目的などをお打ち合わせで明確にする)
 形式:得意先企業に出向けに新製品の説明を5分間で行う

5.プレゼンテーションロールプレイ 120分

 作成したプレゼン資料を基に1名5分のデモンストレーションを実施する。
 見学者は、評価表でプレゼンテータの評価を行い、その評価表をプレゼンテータに渡す。

 

 

このページのトップへ