HOME定期研修 Java

Java プログラミングコース

Java コース お得なセット料金

  ◆Java プログラミング 入門 + Java プログラミング基礎

     通常価格 150,000円(5日間料金) ⇒ 130,000円 (税別)

  ◆Java GUI プログラミング + Java DB アクセス + Java Web アプリケーション

     通常価格 232,000円(7日間料金) ⇒ 212,000円 (税別)

 

Java プログラミング 入門

このコースは、初めてJavaを学ぶ方を対象に、Javaの概要や特徴、基本的な文法を理解することを目的としたコースです。
また、変数や配列、分岐処理、繰り返しの処理などを含むプログラミングの方法やメソッドやクラスの使い方も学びます。

対象  Windowsの基本的な操作のできる方
時間  10:00〜17:00×2日
料金  60,000円 (テキスト料、税別)
カリキュラム  1.Javaをはじめよう
 2.初めてのJavaプログラミング
 3.データを保存する変数
 4.複数の変数をまとめる−配列
 5.制御構文(if、switch、for、while、continue、break)
 6.メソッド
 7.クラス
 8.クラスに機能を追加する−継承とインターフェース
 9.パッケージと修飾子

 

Java プログラミング 基礎

このコースは、Java プログラミングをはじめたばかりの方や他の言語のプログラミング経験者の方がJava言語での実用的なプログラミング方法を学ぶためのコースです。例題に実用的なサンプルデータを使用し、例外処理やインターフェースやデータの入出力処理、ネットワーク通信で必要なソケット、マルチスレッドプログラミングなど、より現実的なプログラミング方法を学びます。

対象  Java プログラミング入門を受講された方
  または、同等の知識をお持ちの方
時間  10:00〜17:00×3日
料金  90,000円 (テキスト、 税別)
カリキュラム  1.GUI 概要
  2.Javaの基礎
  3.クラスとメソッド
  4.Javaの制御ステートメントの概要
  5.制御ステートメントと演算子
  6.クラスの作成
  7.継承
  8.インターフェースとパッケージ
  9.例外
  10.マルチスレッドプログラミング
  11.Javaクラスライブラリの初歩
  12.入出力
  13.ネットワーキング
  14.アプレット
 15.イベント処理の概要とSwing
  16.その他のJavaテクノロジー

 

Java GUI プログラミング

このコースは、Java SE 6 を利用してGUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)のアプリケーションを開発するための手法を学ぶコースです。イベント処理中心のオブジェクト指向のプログラミングについてサンプルプログラムを作成しながら学び、また、Java SE 5.0、あるいはJava SE 6 以降で導入された新機能についても学習できます。

対象  Java 入門・基礎コースを受講された方
 または、同等の知識をお持ちの方
時間  10:00〜17:00×2日
料金  66,000円 (テキスト料、税別)
カリキュラム  1.ウィンドウ(JFrame)
 2.ラベル・ボタン・メニュー・ツールバー
 3.SwingコンポーネントでのHTMLサポート
 4.Actionクラス・Actionイベント・InputMap・キーストローク
 5.KeyEvent・MouseEvent・MouseWheelEvent
 6.ダイアログボックス・ファイルダイアログ
 7.リストボックス(JList)
 8.追加された新機能

 

Java DB アクセス

このコースは、Java言語でDBMS(Database Management System)に対してSQLを発行したり、その結果を受け取って処理を行うための手法を学ぶコースです。JDBCの概念や役割、JDBCを利用した一般的なプログラミング事例を利用し、Webとデータベースシステムとの連携が必要なアプリケーションの開発手法を学習します。

対象  Java入門・基礎・GUI プログラミングコースを受講された方
 または、同等の知識をお持ちの方
時間  10:00〜17:00×2日
料金  66,000円 (テキスト料、税別)
カリキュラム  1.WWW時代のリレーショナルデータベース
 2.JDBCの基礎知識
 3.基礎プログラミング
 4.アプリケーション構築事例
 5.上級プログラミング

 

Java Web アプリケーション

このコースは、Webクライアントからのリクエストに応じてサーバーで処理を行い動的な結果を返すための手法を学ぶコースです。Javaを使用してサーバー処理を行う上で必要な「サーブレット(Java Servlet)」の概要や仕組み利用方法を学び、最新のWeb アプリケーションを開発するためより実践的なテクニックを習得することができます。

対象  Java入門・基礎・GUI プログラミング、DB アクセスコースを受講された方
  または、同等の知識をお持ちの方
時間  10:00〜17:00×3日
料金  100,000円 (テキスト料、税別)
カリキュラム  1.サーブレット/JSPって何?
 2.開発環境の準備
 3.Webアプリケーションの動作原理を知る
 4.初めてのサーブレット
 5.日本語の表示とコンテンツタイプ
 6.Web.xmlの基本
 7.サーブレットを簡単に作る
 8.初めてのJSP
 9.コンテキストパスを理解する
 10.入力パラメータの取得
 11.入力チェックと値の変換
 12.フィルタの利用
 13.セッション属性を使う
 14.画像遷移を行う
 15.オブジェクトのスコープとリクエスト属性
 16.サーブレットクラスの詳細
 17.外部ファイルから値を読み込む
 18.HTTPリクエストとレスポンス
 19.クッキーの利用
 20.WARファイルとデプロイ
 21.データベースの基礎知識
 22.JDBCを使う
 23.Webアプリケーションとデータベース
 24.データベースアクセスの改良

 

このページのトップへ