HOME定期研修 MTA取得

MTA(マイクロソフト テクノロジー アソシエイト)取得コース

MTA(マイクロソフト テクノロジー アソシエイト) とは

Microsoft Technology Associate (MTA) は、IT 認定資格を取得して就職活動に備える上で最適な出発点となります。
1 科目の試験に合格するだけで認定資格を取得でき、これを通じてテクノロジー分野におけるキャリアの第一歩が踏み
出せます。
MTA は、IT キャリアの道を歩み始めたばかりの方や IT の基本について理解を深めたいと考えている方の基礎的な知識を実証するものであり、マイクロソフト テクノロジーを活用する IT インフラ、データベース設計、またはソフトウェア開発におけるキャリア パスの追求を目的とした、業界でも高く評価されている認定資格です。

MTAは、MCAの後継となります。
 

MTA取得対策コース新価格

MTA「ネットワークの基礎」「セキュリティの基礎」「サーバー管理の基礎」コースが
テキスト代込価格になりました。

 試験番号 / 対策コース名 テキスト代込(税別)
 Exam 98-366: ネットワークの基礎 ¥59,000
 Exam 98-367: セキュリティの基礎 ¥59,000
 Exam 98-365: Windows サーバー管理の基礎 ¥59,000

※価格は消費税別になります。
各種セミナーのお申込方法はこちらからどうぞ
 

MTA certification トラック

ご自分の興味やキャリアのゴールに応じて次のトラックの中から1つを受験することで、MTA certification を取得することができます。

 

システム管理者向け

デスクトップまたはサーバー インフラ、あるいはプライベート クラウド コンピューティングの分野でキャリアを積みたい方が対象

 Exam 98-349: Windows オペレーティングシステムの基本事項 コース詳細 マイクロソフトサイト
 Exam 98-365: Windows サーバー管理の基礎 コース詳細 マイクロソフトサイト
 Exam 98-366: ネットワークの基礎 コース詳細 マイクロソフトサイト
 Exam 98-367: セキュリティの基礎 コース詳細 マイクロソフトサイト

※正規雇用の労働者に対し、職業訓練(Off-JT)を行った場合に、訓練に要した経費が1コースあたり、20万円まで支給されます。(1年度1事業所あたりの支給限度額は500万円)詳しくはこちらから

 

データベース開発/管理者向け

データ プラットフォーム アドミニストレーションまたはビジネス インテリジェンスの分野でキャリアを積みたい方が対象

 Exam 98-364: データベースの基本事項 コース詳細 マイクロソフトサイト

※正規雇用の労働者に対し、職業訓練(Off-JT)を行った場合に、訓練に要した経費が1コースあたり、20万円まで支給されます。(1年度1事業所あたりの支給限度額は500万円)詳しくはこちらから

 

開発者向け

MTA デベロップメント トラック − ソフトウェア開発者としてキャリアを積みたい方が対象。このトラックは、ハンズオン製品トレーニングと 上位資格であるMCSD 取得にむけた準備となるものです。98-361: ソフトウェア開発に関する基本事項 から開始し、それに続いて開発者としてのキャリアにおけるご自分のゴールに応じて、次のトラックから追加でトピックを選択してください。

 Exam 98-361: ソフトウェア開発に関する基本事項 マイクロソフトサイト
 Exam 98-362: Windows 開発に関する基本事項 マイクロソフトサイト
 Exam 98-363: Web 開発に関する基本事項 マイクロソフトサイト
 Exam 98-372: Microsoft .NET の基礎 マイクロソフトサイト
 Exam 98-373: モバイル開発に関する基本事項 マイクロソフトサイト
 Exam 98-374: ゲーム開発に関する基本事項 マイクロソフトサイト
 Exam 98-375: HTML5 アプリケーション開発に関する基本事項 マイクロソフトサイト

 

 

 

このページのトップへ